照明は鉄の籠

リビングルームに使われている照明は、インドのラジャスタン州(ラージャスターン州とも表記しますね)で使われていた鉄の籠(かご)をシェードとして取り付けました。板状の鉄を編みこんでいくという発想も独特で、手作りならではの温かさを感じます。

このサイズの籠は珍しく、見た目よりもかなりの重量になります。(大人一人で持ち上げるのも至難の技!)
実際に籠として使われていたときはにわとりやひよこはもちろん、子ヤギや子ひつじなどの小動物も入れられていました。中の動物が逃げないようにするだけでなく、野犬や鷲などの外敵から守る役割も果たしていたそうです。中から逃げ出さないようにするためと、外から襲われないようにするための2つの目的で使われていた籠に「室内の光を演出する」という新たな3つ目の目的を果たしてもらうべく、ここに取り付けました。

関連記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP