「おめん」といううどん屋で新しいうどんと京都の味を楽しむ

哲学の道、銀閣寺にほど近い場所に「おめん 銀閣寺本店」があります。
「おめん」のうどんは季節の薬味野菜とともにダシに浸して食べる、つけ麺的な要素を兼ね備えたうどんです。
お出汁は、北海道産の昆布と鰹を使い、濃厚でありながら雑味がなく、深みのある味わい。(→おめんホームページより)
そこに4種類の唐辛子(一味、赤三味、青三味、八味)を入れることにより、また違った味を楽しむことができます。

うどんの他にも、季節のお野菜の天ぷらや賀茂茄子田楽など、京都ならではの食材を使った一品も美味しく、
うどんを楽しみつつ、京都の味も楽しむことができます。
ホテルにお越しの際は、哲学の道を散策して新しいうどんと京都の味を堪能してみませんか?

関連記事一覧

カテゴリー

PAGE TOP